車110番 CARアドバイザー
ポルシェ・スペシャル



フェラーリ

フェラーリ・テスタロッサ



フェラーリ・テスタロッサ』は、フェラーリが製造していたスポーツカーでとても人気があります。
1984年10月のパリ・サロンで発表され、それまでの512BBiからフラッグ・シップの座を引き継ぎました。 後継車種は512TR。
250TRと区別するため、新テスタロッサとも呼ばれています。
名前の意味は「赤い頭」である。

エンジンは4942ccの180度V12気筒ベルリネッタで512BBiと同じ排気量ではあるが、バルブを各シリンダ4個ずつ(4バルブ化)、計48個とした事によって高回転域でのパワーと伸びが向上し、インジェクションとの組み合わせで、50馬力アップの390馬力の出力と最高時速290Km/hをマークしました。
また、カム・カバー(シリンダー・ヘッド)が赤く塗られており、これが車名の由来ともなっています。
一応ミッドシップという扱いではありますが、日常の使用も考えた結果エンジンは相当後ろよりに搭載されることとなり、後方の4気筒は後車軸よりさらに後ろにオーバーハングする格好となっていて、ほとんどRR車といった重量配分を持つに至ります。スポーツカーと呼ぶには少々苦しい車両重量も含めて、どちらかというとGTカー的な要素の強い仕上がりとなっています。

フェラーリ・テスタロッサ』は、40年余のフェラーリの歴史の中でもランドマークというべき大ヒット作となりました。
BBシリーズの最大の特徴である180度V12ボクサーエンジンを上、トランスアクスル等の駆動系を下側に配置する2階建て構造や、サスペンション構造が512から受け継がれています。
80年代のスポーツカーデザインを代表する傑作ともいうべきボディである。
特にサイドに彫り込まれた5条のフィンは、フェラーリ・テスタロッサを特徴付ける最大のポイントとなりました。
本当に凄いデザインですよね〜

フェラーリ

フェラーリ 360 モデナ



フェラーリ360モデナ』は、いかにもフェラーリらしいボディスタイルを与えられたスーパースポーツモデルだと言える。
フェラーリ史上最高のヒット作となったF355シリーズに続く、8気筒フェラーリモデルとして1999年にデビューする。
V8気筒40バルブユニットはF355用から更にスケールアップして3.6リッターとなり、更には可変バルブタイミングや可変エキゾースト、そして排圧コントロールなどF1の現場で培った技術が投入されて、実に405馬力ものパワーを発揮するのです。
ディーノや250、275シリーズをモチーフに選んだ伝統のピニンファリーナのデザイン、エレガントな中にもそのアグレッシブな性格を印象づける美しいボディが与えられました。

エンジンはコクピットの後方、つまりボディの中央に搭載されるミッドシップのレイアウトで設計されています。
ボディスタイルはシャープなウエッジシェイプで、全高が僅か1215mmという数字からも分かる通りでルーフは極めて低く抑えられました。
ルーフの低さは重心の低さを意味していて、スポーツカーの卓越した運動性能を確保する上では必須の条件といえます。
全長は4490mmに対して全幅は1925mmと極めてワイドで、その上車高が低くて幅広く構えたボディスタイルは、いうまでもなくハイスピードコーナリングでは大きな効果を発揮してくれるものです。
フェラーリ360モデナのエンジンは、90度の挟み角を持つV8気筒で排気量3.6リッターを確保しており、400馬力の最高出力を8500回転という超高回転域で発生します。
最大トルクは38. 0kg-mで発生回転数は4750回転で、ボディパネルにはアルミが使用され、車両重量は僅かに1430kgとかなり軽量である。
フェラーリ360モデナは、フェラーリの中でも最も軽く、サーキットからハイウェイまで、抜群のスピードでドライバーを異次元の世界へと誘うとされる。

フェラーリ

フェラーリ 365 GTB/4 デイトナ



1968年にフェラーリ365GTB/4デイトナがデビューしました。
エンジンはV12気筒4.4リッター、ハイチューンの4カム(ネーミングの4は4カムの意味です)、325HP/7500rpmエンジンをチューブラーフレームに搭載する。
ボディはピニン・ファリナのコーチワークで総アルミ製仕上げと軽量化をはかる。
フェラーリ365GTB/4ディトナのオリジナルでリトラクタブル・ヘッドライトは独特のノーズである。
これは、はじめフロントデザインはプレクシガラス製のヘッドライトだったものが、アメリカの連邦安全基準にあわせるため、リトラクタブルタイプへと変更されたものある。
しかし、アメリカ向けには4シートビームに変わっている。

フェラーリ365GTB/4デイトナは5速ギアボックスはトランスアクスルで、サスはウィッシュボーンとコイルが前後に独立した仕上がりとなっている。
フェラーリ365GTB/4デイトナは0〜100Km/hをわずか5.8秒で走りきります。
352馬力で、最高速度は280Km/hを達成していました。
まさに、実力・データー共に第1級のGTカーがフェラーリ365GTB/4ディトナということになります!

ちなみに、FIA・GTクラスのホモロゲ後の1972年〜1974年にはル・マン24時間レースのGTクラスの制覇を果たしているのです。

フェラーリ

フェラーリ308GTB



1973年のパリ・サロンで、ディーノ246GTの後継モデルとしてデビューしたのが『ディーノ308GT4』です。
3リッターのV8エンジンを横置きミッドシップ搭載し、フェラーリとしては珍しいベルトーネ・デザインのボディをまとった2+2クーペだったが、これをベースにした本格的な2シーター・スポーツが1975年のパリ・サロンに登場することになります。
フェラーリ308GTBがサーキットで活躍することはありませんでしたが、一方ラリーにはプライベーターながらモンテカルロやツール・ド・コルスなどのWRC選手権に出場しています。

これこそが、現代に至るまでフェラーリの屋台骨を支えた8気筒ベルリネッタの始祖ともいえるモデル、つまり今日まで続くこととなるミッドシップV8フェラーリのルーツ的存在である、『フェラーリ308GTB』というわけです。
(注意:ディーノではありません。)

フェラーリ308GTBは見るからに早そうなボディラインですね〜
特に、高速ターマックのツール・ド・コルスで一時期は、トップコンテンダーの一角を占め、ワークスマシンに分け入り上位入賞を果たしているのです。

フェラーリ

フェラーリ512BB



フェラーリ512BB』は1976年のパリサロンでデビューしました。
シャシーやフレーム、サスペンションともに365時代のものをそれぞれ受け継ぎます。
1971年のジュネーブ・ショーで最高速300Km/hを標榜してデビューしたのがランボルギーニ・カウンタックです。
フェラーリの総帥、エンツォ・フェラーリがこれに対して、その年のトリノ・ショーで発表した「365GT4/BB」が出した答えである。
デイトナの後継モデルとして登場したフェラーリのフラッグシップは、最高速度はカウンタックより2Km/h速い302Km/hとうたわれていました。

フェラーリ512BBは、180度V12気筒4カムの“ボクサー”エンジンでボア×ストローク共に広げられて、4943ccまで排気量アップされましたが、パワーは20馬力ダウンの360馬力となります。
しかしながら、従来からフェラーリ512BBの世界最速である302Km/hについてはそのままとされ、フラッグシップの座は受け継がれたのです。
1981年には、時代が要求することとなった排ガス対策や扱い安さからインジェクションモデルとなり、更にデ・チューンが施されて最高速度も280Km/h以上という現実的な数値に落ち着いたと言われます。

フェラーリ

フェラーリ 328GTS



1975年にデビューして以来、空前のヒット作となった308シリーズは排気ガス対策のためにインジェクション化されることになります。
そして、4バルブヘッド化を経て328シリーズへと進化しました。
フェラーリ328GTBのデビューは、1985年のフランクフルトショーでした。
その前年にデビューしたテスタロッサ同様に、赤いヘッドカバーのV8の3.2リッター(排気量 3180cc )エンジンは、270馬力を発揮します。
フレームやサスペンション、ハンドリングの良さは全て308から受け継いだものです。
クラシカルな味わいをもつボディデザインは人気が高く、1980年代のミドルスポーツとして究極の一台となりました。

フェラーリ328GTS』は、フェラーリが製造するスポーツカーで、歴代の中で最もフェラーリらしく優雅で美しいとされるモデルだと思います。
発売当時は、GTBに比べてGTSの方が人気があったそうです。

また、12気筒モデルであるテスタロッサはGT色が強かったのに対して、当時のフェラーリにしては若干スポーツ性があって、F1レーサーがテスタロッサの貸与を受けるチャンスがあった際に328に変えさせたこともあったといわれています。
現在でも、フェラーリ328は年代に比べてとても人気が高く、348よりも高価で取引されている場合もあります。

サイズ「 長さ 4280mm  巾 1730mm  高さ 1120mm  重量 1350kg 」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。